東京で行われるパレード

Featured

日本でイベントごとが最も多く行われるのは、やはり首都東京でしょう。

特にパレードを行うような大々的なイベントごとは他の都道府県と比べてもとりわけ多いように思います。

テーマパークなどでアトラクションとして行われるパレードと違って、交通規制を行って東京の公道で行われるパレードは、パレードを目当てに地方から集まった見物人以外に通りすがりや付近の人々も集まりやすいことがいえます。

そのため、人工密度の高い東京で行われるイベントは、大変な人数が集まり、規模の大きなものが多いのが特徴です。

パレードを伴うイベントの多くは、お祭りに関連するものです。

下北沢阿波踊りや、福生七夕まつり、銀座柳まつりなど華やかなお祭りを彩るパレードです。

時代まつりや、高尾山で行われる稚児パレードなど格調高い伝統的なパレードも数多く、これを目当てに観光に来られる方もたくさんいます。

また、オリンピックや、ワールドカップなど、世界的な大会で結果を出した選手たちを祝うパレードも、多く開催されます。

これもまたお祝いに来た見物人や、マスコミ各社で、大変なにぎわいを見せるパレードです。

また、一目を引くパレードの形で自分たちの主義主張をアピールする趣旨のパレードもあります。

プライドパレードがその最たるものでしょう。

白内障の術後の目

高齢者を対象にしたイベントを行いました。そこでは白内障の方もいるのですが、手術を受けた方とそうでない方の目は全く違う印象です。瞳が透き通っていると、かなりお年を召された方でも若々しく知的に見えるものだと印象に残りました。http://www.cataract.co.jp/

目がきれいな人は男女問わず好感が高いといいますね。子供もピュアに見えるのはやはり透き通ってキラキラした瞳の強い印象でしょう。目の力というのは初対面の印象を左右する、重要なポイントなのかもしれません。

そのイベントで振る舞われたお菓子の数々は地元の方の手作りで、ボランティアで参加してくださった人も多く、大いに盛り上がりました。これからの日本では高齢者がますます多く、それぞれ助け合っていかなければならない世の中です。企業としても、個人としても、よりよい社会になるようにこれからも努力していきたいと思います。

Continue reading

眼精疲労。治療に行きたいと思っています

もしかして眼精疲労の治療が必要かもしれません。頭痛や肩こりもひどいのですが、眼の疲れからくることもあるみたいです。
私の眼精疲労の原因はまだわかりませんが、近視や乱視もあるので視力矯正器具が合っていないのかもしれません。やけにこの頃眼が疲れやすくて。
先日、偶然会った友人とそんな話しをしたら彼女も眼科の帰りだったのです。どうしたのかと思ったら、視界に何かチラチラするものが入るようになったみたいで不安になって診てもらったそう。先生に頭でもぶつけた?と聞かれて、そういえば数日前に頭をぶつけてた!と、思い当たったそうです。
そういうのが原因で症状に出ることもあるんですね。精神的ストレスも眼病の原因になることもあるとか…。緑内障とか恐いしね〜とか話してて、やっぱり早めに病院に行ってきたいと思っています。
来週ならスケジュールどうにかなるかな。

Continue reading