東京で行われるパレード

Featured

日本でイベントごとが最も多く行われるのは、やはり首都東京でしょう。

特にパレードを行うような大々的なイベントごとは他の都道府県と比べてもとりわけ多いように思います。

テーマパークなどでアトラクションとして行われるパレードと違って、交通規制を行って東京の公道で行われるパレードは、パレードを目当てに地方から集まった見物人以外に通りすがりや付近の人々も集まりやすいことがいえます。

そのため、人工密度の高い東京で行われるイベントは、大変な人数が集まり、規模の大きなものが多いのが特徴です。

パレードを伴うイベントの多くは、お祭りに関連するものです。

下北沢阿波踊りや、福生七夕まつり、銀座柳まつりなど華やかなお祭りを彩るパレードです。

時代まつりや、高尾山で行われる稚児パレードなど格調高い伝統的なパレードも数多く、これを目当てに観光に来られる方もたくさんいます。

また、オリンピックや、ワールドカップなど、世界的な大会で結果を出した選手たちを祝うパレードも、多く開催されます。

これもまたお祝いに来た見物人や、マスコミ各社で、大変なにぎわいを見せるパレードです。

また、一目を引くパレードの形で自分たちの主義主張をアピールする趣旨のパレードもあります。

プライドパレードがその最たるものでしょう。

オルソケラトロジーは横浜でも受けれます

オルソケラトロジーという視力を矯正できる治療があるそうです。http://www.queens-eye.jp/contactandortho/orthokeratology.html
眼鏡が欠かせない生活は不便ですがレーシック手術は不安でできないという方には最適ではないでしょうか。この治療は特に若い方に向いているそうで、若いと角膜などが柔らかいのでしょうか、癖がつきやすく視力にも影響が出やすいのでしょう。

今月はハロウィンがあるので、東京や横浜でも仮装パレードなどのイベントも行われるそうです。外国の方たちは特にこの季節、楽しみなイベントになっているようですね。日本でもそうした影響からかこの時期は仮装パーティーの準備などをする人も多いようです。ハロウィンのパレードは思い思いの格好をしているので見るだけでも楽しいですし、なんといってもハロウィンは子供たちのためのイベント。小さい子の仮装は可愛いですね。

Continue reading

レーザー白内障手術という最新の医療

白内障の手術は病院によって違いがあるようです。安全性が高い手術としてレーザー白内障手術が最新の手術みたいですね。ミクロン単位の精密な手術が可能だということで、だからこそ目のような本当に繊細な部分に用いられているのでしょう。このような手術の技術が一気に向上したのはここ20年ぐらいのことだといいます。医療用のレーザーの歴史も学会が始まったのが1978年だとあるので、まだそんなに長い歴史があるわけではないんですね。その技術の発展に進化のスピードを感じられずにおれません。

ところで、本日のニュースでリオ・パラリンピックの閉会式でのアトラクションに障害者のダンサーを起用するとの発表がありました。東京大会への引き継ぎのイメージアップがどのようなものか期待が高まりますね。また、メダリストたちの東京でのパレードは10/7だそうです。多くの感動と勇気を与えてくれた選手たちによる華やかなパレード。こちらも楽しみですね!

Continue reading

日本の農業について

日本の農業の経営が学べる学校というのがあるそうです。大学校の受験についてはホームページなどがあるようなので見てみてください。
http://jaiam.afj.or.jp/

農業といえば最近は野菜が高いですね。先日スーパーに行ったらカット野菜というのがあって、これは洗わずにそのままサラダとして食べれたり調理することができる便利なものです。これがなかなか売れ行きがいいみたいで、会社帰りの夜に行った時は売り切れているのも多かったです。一人暮らしの高齢者も多い最近ですが、確かに食が細くなって自分1人だけの食事となるとカット野菜のほうが確かに有難いかもしれません。こういうのもアイデアのひとつですね。

Continue reading

白内障の術後の目

高齢者を対象にしたイベントを行いました。そこでは白内障の方もいるのですが、手術を受けた方とそうでない方の目は全く違う印象です。瞳が透き通っていると、かなりお年を召された方でも若々しく知的に見えるものだと印象に残りました。http://www.cataract.co.jp/

目がきれいな人は男女問わず好感が高いといいますね。子供もピュアに見えるのはやはり透き通ってキラキラした瞳の強い印象でしょう。目の力というのは初対面の印象を左右する、重要なポイントなのかもしれません。

そのイベントで振る舞われたお菓子の数々は地元の方の手作りで、ボランティアで参加してくださった人も多く、大いに盛り上がりました。これからの日本では高齢者がますます多く、それぞれ助け合っていかなければならない世の中です。企業としても、個人としても、よりよい社会になるようにこれからも努力していきたいと思います。

Continue reading